2010年05月14日

<伊藤整文学賞>評論部門で2作 小説部門は該当作なし(毎日新聞)

 第21回伊藤整文学賞(伊藤整文学賞の会、北海道小樽市など主催)が10日決まった。評論部門で、高橋英夫さん(80)=東京都出身=の「母なるもの 近代文学と音楽の場所」(文芸春秋)と、宮沢章夫さん(53)=静岡県出身=の「時間のかかる読書」(河出書房新社)の2作が選ばれた。評論部門で2作が同時に受賞するのは初。小説部門は該当作がなかった。

【関連ニュース】
太宰治賞:今村夏子さんの小説「あたらしい娘」が選ばれる
ホラー小説大賞:ふりーくかなさんの「あゝ人不着紬」に
直木賞:星川清司さんの最年長受賞者が確定
川端康成文学賞:高樹のぶ子さん「トモスイ」に
小池徹平:「現場はベテランの集まり」 “談合”テーマのNHKドラマ「鉄の骨」

新たに12農場で口蹄疫疑い=宮崎(時事通信)
【ゆうゆうLife】病と生きる 女優・高樹澪さん(50)(産経新聞)
ニセ女医の要望スンナリ、病院200万円支出(読売新聞)
普天間問題 鹿児島県知事と徳之島3町長の会見要旨(産経新聞)
指名手配犯、逃さない! 街頭に光る“眼光”「ミアタリ」 (産経新聞)
posted by オノデラ エイイチ at 19:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。