2010年04月20日

版権代は秘密「1Q84」5月に中国本土版(読売新聞)

 【北京=佐伯聡士】村上春樹氏のベストセラー長編小説「1Q84」の中国本土版が5月にようやく出版される運びとなった。

 昨年11月、中国語の「繁体字」版が台湾で先に出版され、中国本土で使われている「簡体字」版の出版が、中国の村上ファンらの間で待望されていた。中国紙「北京青年報」が伝えた。

 激烈な競争の末に版権を獲得したのは北京の「新経典文化公司」で、同社は、「版権代は商業秘密で、金額は明らかにできない」と同紙に答えた。昨年6月、韓国では約8000万円で版権が取得されている。

 また、発行冊数についても、「数百万冊」としただけで、5月に入ってから公表するという。第一巻の翻訳作業はすでに終了しているが、翻訳者の名前も明らかにできないとしている。

「市議は楽な商売」阿久根市長が市広報紙で(読売新聞)
「ママ、シャボン玉お願い! 」=自由研究、宇宙に託す−長女優希ちゃん(時事通信)
「検事が調書作文し、署名要求」=村木元局長が被告人質問で−大阪地裁(時事通信)
猟銃暴発か、射撃訓練場で歯科医死亡…静岡(読売新聞)
【新・関西笑談】あこがれの果実の味は(2)(産経新聞)
posted by オノデラ エイイチ at 10:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。