2010年04月30日

普天間「あらゆるオプション想定」=前原沖縄相(時事通信)

 前原誠司沖縄担当相は25日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の県外・国外移設を求める大規模な県民大会の開催に関連し「あらゆるオプション(選択肢)を想定し、日米同盟関係の実効性確保と地元住民のご理解を両立する形で、この問題を解決することに尽きる」と述べた。大会開催に先立ち、兵庫県西宮市内で記者団の質問に答えた。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜5月中の決着は?〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜普天間問題の背後にあるもの〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜

舛添氏10日間の結党劇 “次期首相”1位 孤立化の末(産経新聞)
23日から仕分け第2弾=47独法対象、無駄削減目指す(時事通信)
「普天間」最終案、米国の同意優先…地元反発(読売新聞)
<赤城自然園>再オープン 閉鎖後、元社員が無給で手入れ(毎日新聞)
寒暖変動、5月には解消へ=日本の南北に大きな温度差−気象庁(時事通信)
posted by オノデラ エイイチ at 02:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。